CATEGORY



  • LINE始めました

  • 会員サービスのご案内

ABOUT ORGANIC COTTON オーガニックコットンとは?

3年以上農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で育てられた綿花のことをいいます。
また、栽培する人たちの安全や児童労働といった
働く人の環境を守って製造された綿のことをいいます。
オーガニックコットン

PROCESS オーガニックコットンができるまで

オーガニックコットンの栽培は時間と手間がとてもかかります。その分、自然の恵みが詰まったオーガニックコットンは地球にも人にもやさしい素材です。

360度、見渡す限り広がるオーガニックコットンの農場。土にはバクテリアが豊富でやわらかく、栄養がたっぷりです。ファーマーは土に触り、匂いをかぎ、ときには舐めては常に土の健康状態をチェックします。そこに蒔く綿花の種は、遺伝子組み換えをしていないものに限定しています。"始まりは土、そして種"。これこそがオーガニックコットンの原点といえます。

  • STEP1
    土壌の肥料には化学肥料ではなく、牛糞や堆肥などの有機肥料を使います。
  • STEP2
    害虫の駆除には殺虫剤を使わず、代わりに害虫を食べるてんとう虫に助けてもらいます。
  • STEP3
    そして落葉剤を散布せず、霜が降り、葉が自然に枯れるのを待って収穫されます。

ABOUT プリスティンで使うコットン

プリスティンで使用するオーガニックコットンの原綿は、アメリカ・テキサス州やインド・タミルナードゥ州などで収穫されたものです。オーガニックファーマーたちが育てている綿花を現地から輸入しています。その原綿はすべて、農作物としてのオーガニック第三機関の認証を受けています。

アメリカ・テキサス州

360度、見渡すかぎり広がる農場。地平線が見えるほど広い農場ならではの、ダイナミックな収穫作業が行われています。日本には現在、産業のなかで使えるほど、綿花を有機栽培する畑がありません。そこで私たちは、アメリカ・テキサス州のオーガニックファーマーたちが育てている、オーガニックコットンの原綿を主に輸入しています。
綿毛のなかの種や、茎などを振るい落として、綿毛だけにするのが綿繰り。 一般的には落葉剤を撒いて秋には刈り入れをしてしまいますが、オーガニックコットンは霜が降りて自然に葉が枯れるのを待ってから収穫します。
収穫して選別した綿を俵状にしたらいよいよ日本へ。そのベール(俵)には、第3者認証機関であるUSDA(米国農務省)の認証がなされています。

インド・タミルナドゥ州

どことなくぬくもりを感じる、手摘みのオーガニックコットン原綿。 インドは通常のコットン(一般綿)の生産量が世界で最も多く、そのほとんどは児童労働をもとに遺伝子組換えの種子を使って栽培されています。
わたしたちは、世界中の子どもが健やかであってほしい、児童労働がなくなるように、との想いから2016年より本格的にインドのオーガニック原綿輸入をスタートしました。
手摘みで収穫した大量の原綿は綿と種やがくなどのゴミに選別され、ベール(俵)状に硬く梱包されて日本に送られます。 そのベールには、第3者認証機関であるGOTSの厳しい基準をクリアした証の認証マークがきちんと印されています。

最近見た商品