しあわせの循環を。リコットンデニム / オーガニックコットン

GENRE

しあわせの循環を。リコットンデニム

私たちが考えたいのは、つくる責任はもちろん、つくったあとの責任。
通常なら捨てられてしまうオーガニックコットン生地を回収し、
新しい生地としてもう一度命を吹き込みます。
身にまとうものから、「しあわせの循環」を。
プリスティンのものづくりに対する思いを、
「Re-COTTON®」シリーズにのせてお届けします。

2020年冬、リコットンデニムがデビューします。
裁ち落としなどを再生したリコットン30%と、
ヴァージンのインド原綿70%を混紡しました。
デニムの産地・岡山で織り上げています。
厚手のデニム生地ながら、リコットン特有のスラブ感とふくよかさで、
やわらかな風合いに仕上がりました。

プリスティンがつくる「Re-COTTON®」

原料となるもの

衣類を生産する過程では、製品の縫製に使われない裁断生地が生じます。この裁断生地は、通常は産業廃棄物として処分されます。
ファーマーが大切に育てたオーガニックコットンでつくった生地を、プリスティンは「捨てる」選択ではなく、新たな糸・生地として「生まれ変わらせる」選択をしました。

再び綿の状態へ

回収された裁断生地は細かく分解され、ミキサーのような大きな機械で綿の状態に戻します。
布をほぐして再び綿に戻すこの再利用技術を「反毛(はんもう)」といいます。
反毛は、繊維の自給率がほぼ0%になった明治時代からはじまったとされます。織物は当時貴重なもの。日本人のもつ“もったいない精神”が、使い古した織物から糸を再生する技術を必然的に発展させたようです。

糸、そして生地へ

糸は、リコットン(反毛された綿)30%とヴァージン綿70%を混ぜ合わせてつくられます。
リコットンはヴァージン綿より繊維が短いため、この糸でつくられた生地は独特なスラブを形成。ぬくもりのあるテキスタイルに仕上がります。

最近見た商品