テレコ素材のベビー肌着 / オーガニックコットン

CATEGORY

テレコ素材のベビー肌着

ナチュラル無地とグレーボーダー、
2つの柄の秋冬用ベビー肌着が
オンラインショップ限定で登場しました!
この肌着を使って子育てしているスタッフが語る
おすすめポイントを、3つにまとめました。
秋冬シーズンがはじまる頃にお届けします!

point1

動きやすい

テレコ素材

身長93cm、今もボトムス愛用中!
保育園でも大活躍しています

このたびベビー肌着に採用したのは、「テレコ」と呼ばれるリブ編みの素材。リブとは、トレーナーの袖口やレギンス・タンクトップなどのインナーに使われる、縦方向に畝が現れる編みかたのことです。特に横方向の伸縮性がよく、ストライプ柄のようにすっきり見えるのが特長です。

赤ちゃんは身長70cmを越えたころから、よく動くようになります。
プリスティンのベビー服のサイズ展開は「70~80cm」「80~90cm」と、すぐに大きくなる赤ちゃんにはうれしいゆったりサイズですが、テレコ素材だと伸縮性以外にもいいことが……!

それは、袖口の折り返しやすさです。やわらかな素材は折りやすく、折り返した部分もほどよくフィットするので、すぐ元に戻ってしまうということがありません。

point2

なかなかない

長袖ロンパース

アウターを重ね着するとモコモコに…
肌着で体温調節するのが便利です

海外では2~3歳までロンパースを着ることが多いようですが、日本ではお着替えしやすいセパレートが一般的ですよね。それでもおすすめしたいのが、ロンパースタイプの肌着!

ロンパースの便利な使い方、それは「パジャマとして」です。
スタッフの子どもは寝相が悪く、布団は意味なし、ボトムスにしまったはずの肌着もすぐにはだけておなかが出てしまっていました。
その点、ロンパースなら安心。ロンパース肌着の上にレギンスやパジャマのズボンをあわせて、寒い冬はさらにスリーパーを重ねてパジャマとして長く愛用していました。

さらに長袖となると、寒い日のおでかけにはもちろん、部屋着としても便利です。
上にベストやTシャツを重ねて、あえて袖を見せてもかわいいですよ。

point3

肌にやさしい!

タグが外側

素材がやさしいだけでなく
タグが肌にふれるストレスもなし!

今回のシリーズでは、長袖ロンパース・長袖プルオーバー・レギンスの3つのアイテムをご用意しました。そのすべてで、タグを外側につけています。
タグが肌にふれるストレスは、デリケートな赤ちゃんの肌ならなおさらですよね。
取り外しやすい縫い付けにしているため、外してお使いいただくこともできます。

肌へのやさしさは、もちろん素材にも。
ナチュラルカラーはオーガニックコットン100%。ボーダーは、ヤクとオーガニックコットンを混紡したグレーを使って表現しています。
ヤクはウシ科の動物の毛ですが、コットンと混ぜ合わせた糸なのでチクチクしにくく、子どもにも安心して着せられます。

お届けは10月の予定です。(入荷したため順次お届けしております。9月17日時点)
短肌着やコンビ肌着はそろそろ卒業かな……という赤ちゃんに、本当におすすめしたい肌着シリーズです!

並べ替え:
新着順
価格が安い順
価格が高い順
6
6

最近見た商品