布ナプフェア / オーガニックコットン

CATEGORY



  • LINE始めました

  • 会員サービスのご案内

布ナプフェア

オーガニックコットンに守られる気持ちよさと
毎月じぶんと向き合うことの大切さを、布ナプキンで享受しませんか。
私たちが布ナプキンをつくるのには、1月17日が大きな意味をもっています。

気持ちよく、毎月じぶんと向き合う

「においがしない!」「かぶれなくなった」「手洗いも簡単」――プリスティンの布ナプキンを愛用されているかたのお声です。布ナプキンは洗うのが大変そう……。みなさま、はじめはそう思われていたようです。

初潮から約40年のあいだ、毎月のように迎える生理。生理の日は特別な日ではなく、普通の日です。その日をいつもと変わらず快適に過ごせるようにとの思いで、私たちは布ナプキンをつくっています。
肌にふれる部分はもちろん、デリケートな部分までオーガニックコットンでつくりました。かぶれやムレの心配は、いくらか少なくなりますでしょうか。

布ナプキンを洗うとなると、経血と必然的に向き合うことになります。そこには、いまの暮らしや体調があらわれます。
それに経血とは、赤ちゃんのもとのもと。大切ないのちのもとです。使用済みの紙ナプキンを捨てる容器を、誰が汚物入れと名づけたのでしょう?

手洗いをおそれることはありません。プリスティンは、布ナプキンのための洗濯パウダーも開発しました。重曹ベースで食品成分由来の環境にやさしい洗浄剤を、バケツなどにはったお湯に溶かし、布ナプキンを一晩つけおきするだけ。無理なくきれいに経血を落とせ、除菌・消臭効果もあります。

きっかけは阪神・淡路大震災

プリスティンの布ナプキンが生まれるきっかけは、ある女性からの依頼です。
1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災。10万棟を超える住宅が全壊し、被災されたかたの多くが避難所生活を余儀なくされました。
その女性は避難所のトイレで、山積みになった使用済み紙ナプキンを目にしたそうです。そして「災害時用のナプキンをつくってほしい」との思いを寄せてくださいました。

こうして誕生したプリスティンの布ナプキン。私たちは、1月17日を「布ナプキンの日」と呼ぶことにしました。
今年の1月17日で、阪神・淡路大震災から25年。多くの犠牲者を出した震災の教訓は、これほど身近にも生きているのです。ご自宅の防災セットのなかに、布ナプキンを何枚か忍ばせておきませんか。

災害時を想定してつくった布ナプキンですが、現在ではすっかり日常のものとなりました。着けてみれば快適で、洗ってくり返し使えるのでサスティナブル。その気持ちよさを、多くの女性が支持してくださったからです。

限定セットをご用意しました

今年の「布ナプキンの日」を迎えるにあたり、布ナプキンのセットをご用意いたしました。セットに含まれるのは、布ナプキンや洗濯パウダー以外もこだわりのアイテムです。

サニタリーショーツは2種類。「サニタリー ストリングショーツ」は、おしりの溝にフィットするストリングで、おやすみ時の伝い漏れの不安を解消してくれます。ブラジャーとおそろいで着けられる「レーシー サニタリーショーツ」は、ライトでリラックス感のある履き心地です。

多目的コットンさらし木綿は、紙ナプキンを併用したいかたにおすすめ。紙ナプキンのうえに重ねて、デリケート部分だけでもオーガニックコットンがふれるようにしませんか。お好みのサイズでパンティライナーとしてもお使いいただけるほか、サニタリー以外の用途もさまざまです。

洗濯板は、岐阜県の「woodpecker」のもの。国産ひのきで、ひとつひとつ丁寧につくられた洗濯板です。木の香りやぬくもりが心地よく、やさしく手になじむ形。使わないときは立てかけておくだけで心が和らぎます。

容器類は、強度が高く、においや汚れが残りにくいホーロー製品をご用意しました。バケツは、「野田琺瑯」の日本製のものです。

温活にも、閉経後にも

最近よく耳にするようになった「温活」。基礎体温を上げると代謝がよくなり、心もからだも健康になるそうです。
膣をとおして、外気と直接つながっている女性の体のなか。その入口を冷気から守ることが温活をするうえで大切なのは、いうまでもありませんよね。

プリスティンのサニタリーシリーズには、ハンカチタイプの布ナプキンがあります。なかでもシルク混あたたかパッドは、ナプキンにもパンティライナーにも、そして温活にも使えるすぐれもの。ふわふわとして厚みがあり、「椅子に座った時などには特に、ふかふかして守られている感じがします」とのお声をいただいています。

女性の生理は約40年で終わりを迎え、その後は軽失禁や尿漏れを経験するようになります。一生付き合う彼らと仲良くするためにも、あたたかパッドは活躍します。
生理がなくても、暮らしに寄り添ってくれる布ナプキン。もっとライトな使用感のものをお探しでしたら、乾きやすくて毎日使える綾ネルのタイプをお試しください。

お好みのものが見つかったら

布ナプキン生活に慣れてきたら、自分に合うタイプのものを組み合わせて使っていきましょう。生理の日は、普通の日。洋服や靴をコーディネートするときと同じ気持ちで向き合えばいいのです。

そしてある日、定期的に捨てていた紙ナプキンのゴミがなくなっていることに気づくでしょう。心もからだも軽くなるような心地よさ。そのとき「布ナプキンの日」のことをすこし思い出していただけたなら、私たちはうれしいです。

最近見た商品